風呂場に影響する給湯器で起きる水のトラブル

現在の住宅のほとんどが、少しでも浴室を広くするために、給湯器でお湯を供給するかたちをとっています。浴室内にボイラーを置かないで屋外の給湯器でカバーするため、使用できる面積は格段に大きくなるでしょう。これが大きなメリットにはなりますが、給湯器に水のトラブルが起きたときには、風呂場だけではなく、キッチンをはじめ給湯器を使用しているところの機能が止まります。

■経年劣化は連鎖する

風呂場にも使われる給湯器は、水のトラブルが起こることがあります。水を使いますし、ガスや電気も必要です。複雑な構造を持っているため、どうしても故障の可能性が高まります。特に内部で水のトラブルを起こした場合、他の機器にも水がかかるでしょう。これがさらに故障の原因になるため、連鎖的にダメージを増やしてしまいます。
長年使っている給湯器は、どうしても部品が劣化していきます。これが使って劣化したものなら、交換だけで問題はありません。ところが、使用している年月で劣化が見られる経年劣化だった場合、他の部分でも経年劣化が進みます。つまり、故障が1箇所では済まず、他のところもどんどんと故障していきます。そのたびに修理費を支払わなければいけません。

■素人では手が出せない理由

給湯器の水のトラブルは、素人が修理できない機材です。できるだけ経費を削減したいと思っていても、ガスや電気を相手にしなければいけません。目に見えるものではなく、トラブルが起きていても、それを計測する手段もないでしょう。
水に濡れれば感電の危険性も出てきますし、ガスは不完全燃焼するかもしれません。この状況の中で素人ができることはほぼないはずです。専門業者に依頼して確実な修理が大切です。



■まとめ
給湯器の水のトラブルは、どうしても大きな影響を与えてしまいます。それだけ重要な設備で依存度も高いからです。早めに修理をして回復させることも、生活維持には欠かせません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ